赤ちゃんの寝かせ方

最近では、日本でもベビーベッドに赤ちゃんを寝かせることがごく一般的となっています。ベビーベッドはそもそも欧米のスタイルですが、日本との大きな違いは、アメリカでは赤ちゃんの頃にすでに自分専用の部屋を与えられることです。日本では、両親の寝室と一緒で、常に目が届くところというのが一般的となっています。アメリカでは、赤ちゃんの泣き声を聞いてママやパパが子ども部屋に行き、ミルクやオムツなどの世話をします。部屋数が多いアメリカでは、声が聞こえないこともあり、ベビーモニターを付けていつでも監視できるようにすることも多いようです。また、夫婦共働きでなくてもベビーシッターを雇って小さな頃から他人に赤ちゃんの世話をさせることにあまり抵抗を感じないようです。

日本には、昔から「川の字」で子どもを両親の間に挟んで寝るのが一般的です。赤ちゃんがうつぶせ寝や布団が顔にかかって呼吸ができないのではないかと心配したり、泣いたらすぐに抱っこしたりできるような環境にあるため、アメリカの親から見ると過保護に思われるかもしれません。しかし、赤ちゃんをできるだけ泣かせない、十分なスキンシップをとるためには、理にかなった寝かせ方でしょう。抱き癖がつくと言う方もいますが、この頃のスキンシップやママやパパの目をじっと見る時間は、子どもの情緒の安定や健全な発達に大きな影響を与えるものとなるのです。